shogidata.info

角換わり

角換わりの概要

現在の将棋界における最も指されている戦型が角換わりである。最先端の研究が行われる世界である。序盤に角を交換して、互いに角を手持ちにする中で進んでいくので、角を打たれないように慎重に駒組をする必要がある。棒銀、早繰り銀、腰掛け銀と飛車に近い左銀の動きによって戦法が決定されるが、現在最も指されているのは、銀を5筋の歩の上に腰掛ける腰掛け銀である。
角換わりは、玉形が薄くカウンターが厳しいために攻めのタイミングが難しい。そのため、小さな駆け引きが行われる。通常は序盤の手損は不利ではあるが、角換わりに関しては通常一手でいけるところを二手かけることも珍しくはない。

角換わりの採用割合

過去30日間29.7%
2020年23.9%
2019年21.0%
2018年21.5%
2017年16.1%

角換わりの先手番と後手番の勝率

先手勝率55%後手勝率45%

角換わりの最近の対局

07/10関矢寛之アマ渡辺和史 四段新人王戦
07/09藤井聡太 七段渡辺明 三冠棋聖戦 第3局
07/09阿久津主税 八段永瀬拓矢 二冠順位戦B級1組
07/09長岡裕也 五段出口若武 四段順位戦C級2組
07/09丸山忠久 九段山崎隆之 八段順位戦B級1組
07/09郷田真隆 九段深浦康市 九段順位戦B級1組
07/08本田奎 五段佐々木大地 五段棋聖戦 一次予選
07/08本田奎 五段三枚堂達也 七段棋聖戦 一次予選
07/08金井恒太 六段木村一基 王位棋王戦 挑決トーナメント
07/03村山慈明 七段阿部隆 八段朝日杯将棋オープン戦 一次予選