shogidata.info

矢倉

矢倉の概要

数年前「矢倉は終わった」という若手棋士の発言が話題なった。かつて居飛車同士の戦いにおける主戦場であり、将棋の純文学とも言われた矢倉であったが、雁木の評価の見直しなどにおいて指される機会は大幅に減った。相矢倉の将棋は全体の5%、相居飛車の将棋の中でも10%という頻度までになっている。数多くの定石や、深い研究が行われた相矢倉の将棋であるが、現在それが使われることは殆どない。相矢倉の将棋も、数十手の定石系より、急戦調や力戦系の将棋が主要となっている。なお、矢倉と雁木の将棋は、当サイトの集計では居飛車(力戦)としている。相矢倉は、相手を誘導してできるわけではなくて、互いの同意の上での一局なので矢倉が主戦場として復活する道のりは険しい。かつては先手有利、その後45歩反発などで後手が指せる時期もあったが、現在は前後の勝率はほぼ一緒である。

矢倉の先手番と後手番の勝率

先手勝率49%後手勝率51%

矢倉の最近の対局

07/16佐藤秀司 七段宮田敦史 七段叡王戦 予選
07/15田中寅彦 九段中田宏樹 八段朝日杯将棋オープン戦 一次予選
07/14井上慶太 九段森下卓 九段叡王戦 予選
07/11谷川浩司 九段畠山鎮 七段順位戦B級1組
07/09所司和晴 七段小林宏 七段叡王戦 予選
07/05永瀬拓矢 叡王高見泰地 七段王座戦 挑決トーナメント
06/30高見泰地 七段深浦康市 九段将棋日本シリーズ
06/28石井健太郎 五段西尾明 七段棋王戦 予選
06/27永瀬拓矢 叡王郷田真隆 九段順位戦B級1組
06/27深浦康市 九段谷川浩司 九段銀河戦 Fブロック