レーティングで見る、2016年最も飛躍した女流棋士ベスト3。

レーティングで見る、2016年最も飛躍した将棋棋士ベスト3。

年末年始のまとめ記事第二弾は、この前書いた飛躍した棋士の女流棋士編です。

1位、室谷由紀女流二二段

レーティング変動 1608→1692
変動値 +84
現在のレーティング順位 6位

室谷由紀女流二段の成績とレーティング

2016年は、惜しくも獲得はならなかったものの、マイナビ女子オープンで初めてのタイトル戦を経験。その後の倉敷藤花でも挑戦者になるなど、人気だけではなく人気・実力ともに備わった女流棋士に成長した一年になったのではないだろうか。

2位.上田初美女流三段

レーティング変動 1693→1757
変動値 +64
現在のレーティング順位 2位

上田初美女流三段の成績とレーティング

タイトル獲得2期のトップ女流棋士であるが、今年は勝ち星を重ねさらに強くなった女流棋士ではないだろうか。女流名人リーグを勝ち抜き、年明けから始まる岡田美術館女流名人戦のタイトル戦挑戦を決めている。昨年末に第一子が生まれ、子育てとの両立の中でこれだけの成績を収めるのは凄い事です。

3位.渡部愛女流初段

レーティング変動 1523→1580
変動値 +57
現在のレーティング順位 15位

渡部愛女流初段の成績とレーティング

3位は、2年連続で新しく出来た女子将棋YAMADAチャレンジ杯を優勝した渡部愛女流初段。